Oracle Master資格講座(オラクルマスター講座)
Oracle master資格講座 - プロ技術習得のためのマンツーマンOracleデータベース入門基礎講座

オラクルマスターBronze12c 資格取得+技術講座

Oracle Master講座

オラクルマスターBronze 12c講座概要

Oracleの基本的な技術を理解し、より高度な技術者のもとで実践的な作業を行うことができるレベルを証明する資格です。 Oracleをベースとする各種プロジェクトの技術メンバー、リーダー補佐レベルの技術者であることが確認されます。
資格取得のみを目指す机上の学習のみでなく、現場で必要となるスキルを実機で演習していただきます。
リレーショナル・データベースの基本であるSQL を理解し、Oracle Enterprise Manager 12c のインストール、データベース作成、効率的な運用に必要なパフォーマンス診断やチューニング、リソース管理およびリカバリに関する基礎知識を身につけます。

オラクルマスターBronze12c[Oracle Master]講座の内容

講座の学習目的学習目的

このコースは次のスキルを身につけることを目的とします:

  • Oracleとは何か、RDBとは何か、概要と役割を理解している。
  • OracleSQLの基本と機能を理解している。
  • オラクルマスター12c [OracleMaster 12c] Bronze資格取得レベルの知識がある。

講座の対象者対象の方

Oracle技術者を目指す方で、基礎を確実に身に付けたい片。

講座の前提知識受講に必要な前提知識

データベースの基礎とSQL実践演習講座、およびリレーショナルデータベースの論理設計コースを履修していることが望ましいといえます。
Windowsの基本操作ができることが必要です。

講座の受講時間受講時間

  • マンツーマン理論学習(Bronze SQL): 12単位
  • マンツーマン理論学習(Bronze DBA): 15単位
  • 試験対策演習(Bronze12c SQL/DBA):すべての模擬問題が終了するまで
  • 講座の料金受講料

    ¥398,000( 別途消費税8% )

    講座のトピック学習トピック(DBA)

    Oracleデータベース管理の概要
     リレーショナル・データベースの構造およびSQLの使用方法の説明
     Oracleデータベースの管理に使用するツールの定義
    
    Oracleデータベースのインストールおよびデータベースの作成
     Oracleデータベース・ソフトウェアのインストール
     Oracleデータベースの作成
    
    Oracle Enterprise Manager Database Express およびSQL管理ツールの使用
     Enterprise Manager Database Express の起動
     Enterprise Manager Database Express の使用方法の説明
    Enterprise Manager 管理者権限の付与
     SQL*Plus およびSQL Developer を使用したデータベースへのアクセス
    
    Oracle Network環境の構成
     Oracle Network構成の説明
     Enterprise Manager ネット・サービス管理ページを使用したOracle Network 構成の構成
     リスナー制御ユーティリティの使用
     Oracleデータベースにアクセスするためのクライアントの構成
    
    Oracleインスタンスの管理
     Oracleインスタンスの起動および停止
     Oracleインスタンスの構成に使用されるパラメータの表示と変更
     Oracleインスタンスのメモリー・コンポーネントの管理
    
    データベース記憶域構造の管理
     Oracle Enterprise Manager を使用したデータベース記憶域構造の確認
     データベース記憶域構造の作成と管理
     データベースの未使用領域の再利用
     データベースへの変更を元に戻し、データの整合性を保つために使用される構造の管理
    
    ユーザーおよびセキュリティの管理
     ユーザーの作成および管理
     ユーザーがデータベース操作を実行するための権限の付与
     ロールの作成および管理
    
    スキーマ・オブジェクトの管理
     データベース表の作成および変更
     データベース表のデータ表示
     データベース・オブジェクトの追加作成
     表へのデータのロード
    
    バックアップおよびリカバリの実行
     バックアップおよびリカバリ操作のためのデータベース構成
     データベースのバックアップ作成および管理
     データベースのリストアおよびリカバリ
     フラッシュバック機能の使用
    
    データベースの監視およびアドバイザの使用
     Oracle自己監視アーキテクチャの説明
     パフォーマンス・アドバイザを使用したデータベース・パフォーマンスの最適化
    
    Oracleデータベース・ソフトウェアの管理
     ソフトの最新バージョンやパッチを使用したOracleデータベース・ソフトウェアの更新
     データベースのアップグレード

    講座のトピック学習トピック(SQL)

    概要
     Oracle Database 12cの機能について説明する
     Oracle Cloud 12cの顕著な機能について説明する 
     リレーショナル・データベースの理論的な面と物理的な面について説明する
     OracleサーバーにおけるRDBMSとオブジェクト・リレーショナル・データベース管理システム(ORDBMS)の実装について説明する
    
    SQLのSELECT文の使用によるデータの取得
     SQLのSELECT文の機能について説明する 
     基本的なSELECT文を実行する
    
    データの制限とソート
     問合せで取得する行を制限する
     問合せで取得する行をソートする
     置換変数を使用して実行時の出力を制限およびソートする
    
    単一行関数の使用による出力のカスタマイズ
     SQLで使用できる各種の関数について説明する
     文字、数値および日付関数をSELECT文で使用する
    
    変換関数と条件式の使用
     SQLで使用できる各種の変換関数について説明する
     TO_CHAR、TO_NUMBERおよびTO_DATE変換関数を使用する
     SELECT文で条件式を適用する
    
    グループ関数の使用による集計データのレポート
     使用可能なグループ関数を識別する
     グループ関数の使用について説明する
     GROUP BY句を使用してデータをグループ化する
     HAVING句を使用してグループ化した行を包含または除外する
    
    結合の使用による複数の表のデータの出力
     等価結合と非等価結合を使用して複数の表のデータにアクセスするSELECT文を記述する 
     自己結合を使用して表をその表自身に結合する
     外部結合を使用して通常は結合条件を満たさないデータを表示する
     2つ以上の表のすべての行についてデカルト積を生成する
    
    副問合せの使用による問合せの解決
     副問合せを定義する 
     副問合せで解決できる問題の種類について説明する
     副問合せのタイプについて説明する
     単一行および複数行の副問合せを記述する
    
    集合演算子の使用
     集合演算子について説明する
     集合演算子を使用して複数の問合せを単一の問合せに結合する
     行を返す順序を制御する
    
    DML文の使用による表の管理
     データをTruncateする
     表に行を挿入する
     表の行を更新する
     行を表から削除する
     トランザクションを制御する
    
    データ定義言語の概要
     主要なデータベース・オブジェクトを分類する
     表の構造について説明する
     列について使用できるデータ型について説明する
     単純な表を作成する
     表作成時に制約を作成する方法について説明する
     スキーマ・オブジェクトの動作方法について説明する
    

    講座の備考備考

    講座の講師からの声講師より

    SunとMySQLを手中にしたOracleはIT世界の大きな存在となりました。Oracle技術者の需要は無くなることは無いでしょう。Oracle技術の習得をお考えで最短の時間で濃い内容を確実に学習したい方はぜひお越しください。

    © 2007 IT塾