JavaサーブレットJSP実践プログラミングワークショップ講座
Java講座 - JavaサーブレットJSP実践プログラミングワークショップ講座

JavaサーブレットJSP実践プログラミングワークショップ

Java講座

講座概要

いわゆるサーバサイドと呼ばれる、Webサーバー側で動的なコンテンツをJavaを使用して提供する方法を習得し、使用に基づくプログラム作成を繰り返し行い、実践スキルを身につけるための講座です。受講にはJavaの基本スキルおよびHTMLの基礎知識が必要です。この講座では、マンツーマンでHTTPプロトコル、サーブレットとJSPの基本アーキテクチャ、セッションの概念等のWebアプリの基本を集中学習したあと、実サーバを使用して各トピック毎に毎回異なるサーブレットを作成し、デプロイ(配備)を繰り返し行うことで徹底的に実践力を身につけます。


20年を超える経験を持つプロによる完全1対1の授業で確実に短期習得を行います。

Java講座一覧へ

JavaサーブレットJSP実践プログラミングワークショップ講座の内容

講座の学習目的学習目的

このコースは次のスキルを身につけることを目的とします:

  • HttpプロトコルとWebアプリケーションとサーブレットの概要を理解している。
  • HttpServletクラスを使用したサーブレットを作成できる。
  • セッション・トラッキングを使ったサーブレットを作成できる。
  • JavaServerPagesの本質を理解し動的ページを作成できる。
  • 与えられた仕様に基づく簡単な仕様書を作成できる。
  • 作成した仕様書に基づくサーブレット/JSPシステムを構築、設定できる。

講座の対象者対象の方

Java言語を使用して技術者としてWebプログラミングを行う方。

講座の前提知識受講に必要な前提知識

Java経験者または、Javaプログラミング基礎講座1を終了した方。

講座の受講時間受講時間

マンツーマン理論学習+ 仕様検討+仕様書作成+プログラム作成実習: 100時間

講座の料金受講料

¥580,000( 別途消費税8% )

講座のトピック学習トピック

	1章 サーブレットの概要
	2章 サーブレットの作成
	3章 セッション・トラッキング
	4章 JSP
	5章 JDBC の基本機能と利用
	6章 開発実習

講座の受講者の感想受講者の感想

「サーブレットJSP、JDBCの理論について、不明な点は残りませんでした。その後の実践開発演習では開発予定工数見積と自分の進捗を把握する感覚もつけられたと思います。」

講座の備考備考

JavaサーブレットJSPプログラミングコース内容を含んだ、お得な内容となっています。

講座の講師からの声講師より

講習会やセミナーで内容がほとんど理解できた場合でも、開発現場で仕事をこなすには先輩プログラマーのもとで一定期間の実地研修が必要となります。この講座はできるだけその実地研修の代わりとなることを目標としています。

© 2007 IT塾