Javaプログラミング基礎講座(Java入門)
Java講座 - Java初心者の本格的な学習のためのマンツーマンJava入門基礎講座

Javaオブジェクト指向/UML入門講座

Java講座

SJC-Aワンポイント

SJC-A は、オブジェクト指向の概要と、 J2SE,J2EE,J2ME などの Java テクノロジーの概要など一般的な Java に関する知識と共 に、プログラミングの基礎知識について客観的に評価・判定し、Java Associate (アソシエート:「準」の意味)として認定するため、今後 Javaプログラム開発に関わる技術者にとっては勿論、システムエンジニア、技術部門のマネージャやプロジェクトマネージャ、コンサルタントやシステム営業の人にとっても、打ち合せや顧客への提案等で必要となる Java テクノロジーの基礎を理解できている証明として、有効な資格となります。(SJC-A(scja)ホームページへ)


20年を超える経験を持つプロによる完全1対1の授業で確実に短期習得を行います。
Java講座一覧へ

Javaオブジェクト指向UML入門講座の内容

講座の学習目的学習目的

このコースは、SJC-Aの範囲内容を理解し、実際に基本的なJavaプログラムを作成できることを目的とします。

  • SJC-Aで出題される要点を理解している
  • オブジェクト指向とUMLの基本を理解している
  • Java言語の基礎文法とアルゴリズムを理解している
  • Java/JavacなどのJava基本コマンドを使用できる
  • Javaのパッケージ使用法を理解している
  • クライアント、サーバそれぞれのJavaテクノロジーとプラットフォームを理解している
  • Javaで基本的なプログラムが作成でき、実行できる

講座の対象者対象の方

Javaによるオブジェクト指向とUMLの基本を理解し、同時にJavaで基本的なプログラムを作成できるようになりたい方

講座の前提知識受講に必要な前提知識

Windowsの使用経験があれば問題ありません。プログラミングの経験は必要ありません。

講座の受講時間受講時間

マンツーマン理論授業+課題実習:20単位

講座の料金受講料

¥198,000( 別途消費税8% )

講座のトピック学習トピック

講習のポイント:
ベテラン講師により、SJC-Aの試験範囲を通して、オブジェクト指向、UML、Java基本文法、Java環境、Javaパッケージ等を理解します。その次にプログラミングの基本概念を習得し、基本的なプログラムをJavaで作成し、自分で実行できるようになります。

 1 - オブジェクト指向の基礎
 2 - UML 表記
 3 - Java 言語の基礎
 4 - Java 言語のアルゴリズム
 5 - Java 言語の基本コマンドと Java パッケージ
 6 - Java プラットフォームと関連テクノロジー
 7 - クライアントサイド・テクノロジー
 8 - サーバーサイド・テクノロジー
 9 - プログラミング作成の基礎概念と作成演習

講座の備考備考

SJC-A受験対策のための問題演習は含みません。

講座の講師からの声講師より

プログラミング未経験の方や、オブジェクト指向以外の言語経験者がSJC-P(プログラマ)に取り掛かった場合、試験対策により合格はできますが、範囲も広く、細かいレベルまで問題対策をしなければならないため、試験自体が目的になってしまいます。

資格取得後、すぐにJava案件に入ることができれば幸運ですが、そうでない場合、結果として資格はあるが、プログラムが作れないということになります。そのような「資格」プログラマーが多数存在することも事実で、当塾で再度実践講座をご受講される方がいます。

この講座は、長年Java開発と教育を行ってきた講師がそのような現状を見て、「基礎知識をつけながら、プログラムが実際に書ける基礎力もつける」ことを目的としてアレンジしたものです。

2005年から導入されたSJC-A資格は、そのようなJava導入者が段階的に無理なくプログラマ資格レベルの学習に入り、成果を上げるための知識として最適な内容になっています。この内容に、実際のプログラミング基礎練習を合わせたのが当講座です。

「急がば回れ」ということわざが当てはまるかもしれません。プログラムが書けない有資格者は肩身が狭いと思われます。

© 2007 IT塾