Javaプログラミング基礎講座(Java入門)
Adobe Flex/ActionScript3.0講座 - 本格的な技術習得のためのマンツーマンFlex講座

Adobe® Flex™3 開発技術基礎講座(Flex3入門) アドビ認定コース(総合講座)
[Adobe Flex 3: Developing Rich Client Applications] &
[Adobe Flex 3 and LiveCycle Data Services: Integrating with Data and Messaging]

講座概要

Flex/AIRシステム開発を行っているFlex3認定インストによる完全マンツーマン講義により、受講される方のレベル、速度に合わせて授業を進めます。短期集中型の方から、余裕をもたせたスケジュールを希望の方まで柔軟に対応します。

このような体制でAdobe Flex によるWebアプリ作成方法、デバッグ方法の基礎とプログラミングTipsについて習得し、作成演習を行い、Flexプログラミング未経験の方が基本文法とコーディング力をつけるためのコースです。

この講座により、Adobe Flexプログラミングの基本コーディング技術と実践的なプログラミングスキルを身につけます。書籍(講師は「Flex3プログラミング入門」書籍も執筆)による学習では到達できない深いレベルまで学習します。

Adobe Flex3 開発技術総合講座
(Flex 3: リッチクライアント & Flex 3:データ通信)の内容

講座の学習目的学習目的

このコースは、アドビによるFlex3リッチクライアント構築(Flex入門)コース、およびFlex3データ通信の2つのコースを履修します。
次のスキルを身につけることを目的とします:

  • Adobe Flex テクノロジーの概要とAdobe Flex プログラムを作成するための基本事項
  • Adobe Flex BuilderによるFlexアプリケーションの開発方法/デバッグ方法
  • Adobe Flex コントロールの使用
  • Adobe Flex コンテナの使用
  • Adobe Flex イベントの概念と使用
  • Adobe Flex ナビゲーションの作成
  • Adobe Flex データモデルの使用
  • Adobe Flex レイアウトのデザインと使用
  • Adobe Flex HttpサービスによるXMLデータ取得
  • Adobe Flex DataGridの使用

  • Adobe LiveCycle ES データサービステクノロジーの概要
  • Adobe LiveCycle RPCサービスの使用
  • Adobe LiveCycle Message Serviceの使用
  • Adobe LiveCycle Data Management Serviceの使用
  • ActionScript3 によるXMLデータの操作
  • Adobe Flex アプリケーションからサーバへのデータアップロード
  • Adobe Flex からJavaオブジェクトへの接続
  • Adobe Flex のActionScript3オブジェクトとJavaオブジェクトのマッピング

講座の対象者対象の方

Adobe Flexを初めて学習する方で、データ通信までの基礎開発力を確実につけたい方。

講座の前提知識受講に必要な前提知識

Java等のプログラミング経験者が望ましいですが、必須ではありません。

講座の受講時間受講時間

マンツーマン理論学習 + 課題実習: 20単位 (平日3-4日間で履修可能です)

講座の受講時間ご注意:

テキストは最新のアドビ認定Flex3 日本語コーステキストを使用します。

講座の料金受講料

    Adobe認定Flex3インストラクタによる完全1対1授業コース:¥298,000 ( 別途消費税8% )

講座の備考開講スケジュール

この講座はマンツーマンコースのみです。個別のスケジュールでご受講いただけます。

お申込方法

講座はマンツーマンであるため、スケジュールの確認と調整が必要となります。下記のボタンをクリックしてお申込みください。


講座の講師からの声講師より

確実に高機能Webアプリケーションが望まれる時代に突入しています。Flash、PDFという世界標準技術を持つAdobeがエンタープライズアプリケーションの分野でイニシアティブを握るバックグラウンドが着実に整っています。この波に乗り遅れないためにも、新しい技術の習得を行い、「望まれる」技術者となることを望みます。

講座の講師からの声定期コースを受講された方のコメント

先日での研修ではたいへんお世話になりました。 今まで書籍を元に一人で勉強していたのですが、 書籍で勉強する1ヶ月よりも価値のある時間をすごす事ができました。

講座トピック

1. Adobe Flex 3 の概要
リッチインターネットアプリケーションについて
アプリケーションの進化
RIAの特徴
RIA開発用のAdobeツール
Adobe Flex について
Adobe Flex SDK
Adobe Flex Builder について
Adobe Flex Builder Standard
Adobe Flex Builder Professional
RIAの基盤技術である Flash Player / Flash Virtual Machineについて
Flex アプリケーションのプロセスフローについて
Flexアプリケーションからのリモートデータリソースへのアクセス

2. Flex Builder ファーストステップガイド
EclipseとFlex Builderの関係について

3. Flex の基本
シンプルなFlexアプリケーションの作成
画像の表示
SVG(Scalable Vector Graphic)ファイルでの作業の制限
コンテナを使用したFlexアプリケーションのレイアウト
カスタムMXMLコンポーネントでのアプリケーション構築

4. イベントの処理
イベントについて
MXMLタグでのActionScriptの使用
イベントオブジェクトについて

5. 制約ベースのレイアウトを使用したアプリケーションのレイアウト
制約ベースレイアウトと従来のコンテナレイアウト
高度な制約の使用

6. アプリケーションデザインでのビューステートの使用
ビューステートの作成

7. アプリケーションナビゲーションの作成
ナビゲータコンテナとコントロールについて

8. アプリケーションのカスタマイズ
Flexアプリケーションのルックアンドフィールのカスタマイズ

9. ActionScriptデータモデルの使用
MVCデザインパターンの使用

10. カスタムイベントを使用したコンポーネント間のデータ交換
疎結合コンポーネントの作成

11. データエントリーフォームの作成
フォームコンポーネントの使用
値オブジェクトの作成
フォームデータの検証

12. HTTPServiceでのXMLデータの取得
HTTPリクエストを行うプロセス
 
13. DataGridを使用したデータの表示
DataGridコントロールの使用


    
© 2007 IT塾