VisualC++入門基礎とプログラム作成演習
C++言語講座 - VisualC++の基礎を習得してプログラム作成を行う講座

C++入門とVisualC++2008入門/プログラム作成演習(マンツーマン授業コース)

VisualC++入門基礎とプログラム作成演習

講座概要

Visual Studio 2005では、VB, C#, VBが主な開発言語ですが、C++も非常に有力な選択肢です。
この講座では、C++の基本文法をじっくりと学習し、その後でVisual Studio2005(VC2005)によるWindowsプログラミングの違いと基本理論を課題練習プログラムを作成することにより、習得してゆきます。


20年を超える経験を持つプロによる完全1対1の授業で確実に短期習得を行います。

C++講座一覧へ

C++入門とVisualC++2005入門/プログラム作成演習

講座の学習目的学習目的

このコースは次のスキルを身につけることを目的とします:

  • Windowsプログラミングに必要な C++言語の基礎を理解している。
  • VisualC++2005の基礎を理解している。
  • VisualC++2005を使用してWindowsネイティブプログラムを作成できる。
  • VisualC++2005を使用して.NETプログラムを作成できる。
  • VisualC++2005でWindowsプログラムのデバッグができる。

講座の対象者対象の方

VisualC++2005の基本プログラミング方法を習得し、プログラムを作成する方

講座の前提知識受講に必要な前提知識

C言語およびC++の知識がある方

講座の受講時間受講時間

マンツーマン理論学習+課題実習: 16単位
プログラム作成フリー実習(任意実習): 40時間

講座の料金受講料

¥248,000( 別途消費税8% )

講座のトピック学習トピック

  1 C++言語文法の確認
  2  Visual C++2005の概要
  3 Visual C++2005によるネイティブアプリケーション開発の基礎と実習
  4 .NETフレームワークのの概要
  5 Visual C++2005による.NETアプリケーション開発の基礎と実習
  6 ユーザインターフェイスの作成
  7 デバッグ

講座の受講者の感想受講者の感想

「C言語入門コースから段階的に受講させていただきました。VC2005でプログラムを作成する自信がつきました。」

講座の備考備考

講座の講師からの声講師より

.NETが主流となった現在、WindowsアプリはVB.NETかC#言語で作成するほうが簡単といえます。この講座はC++言語の基本重要ポイントを再確認し、VisualC++2005を使用してネイティブアプリ、および.NETフレームワークによるWindowsアプリを作成する方法を習得し、プログラム作成を行います。

© 2007 IT塾